東京駅の八重洲口の新しい顔 「グランルーフ」


今日は海外の有名構造事務所の本などを紹介します

 

ベトナムにオープンした「ドラゴンブリッジ」

パリの副都心、デファンスに新設された歩道橋を紹介します。

当地は現代のハイテク歩道橋が3つも近接してひしめく、特異なポイント:ホットスポットとなっています

 

コチラの写真、当サイトのテイストとちょっと違いますが(^^;)先日TVで放送されていたもの。

 

 

 

構造エンジニア界のスーパースター、ピーターライスが死去して20年。

これに際してArupが作成した「Trace of Peter Rice」と題したドキュメント動画がyoutubeに公開されています

 

イタリアの構造デザイナーをおひとり紹介

 

橋梁デザインなどで知られる、ベルギーの構造エンジニア:ローラン・ネイ氏が率いるNey&Patrners が日本に支所:東京事務所を開設しています。

またこれにあわせて都内で展覧会も開かれています

 

サッカーファンの間では「聖地」と呼ばれる東京、神宮の国立競技場。

この国立競技場、この度建て替えすることが発表され、そのデザイナーが国際コンペで募集されることとなりました。

 

私達が住む日本。
狭い国土に1億2千万の人、2億4千万の瞳(古っ)が、今日も生活しています。

そんな狭い日本ですが、地方に行けば、その地方にしか通じない方言があります。
また海外に出れば、一言に英語と言っても、スラングのように、他国では通じない表現があります。 


 

これと似たように、学問、産業の分野にも、その分野独特の表現があるものです。

ここでは、そんな、「それってどういう意味?」ってな構造設計界のスラングをご紹介。

前の10件 1  2  3  4  5