シュライヒバーガーマン&パートナーズ(SBP)が新しいタイプのアーチ橋を完成させています

WEIN1.jpg

「穴」があったら。。どうする? 埋めちゃう? パット決めちゃう?

golfhole.jpg

橋梁界ではロンドンの歩道橋コンペが話題ですが、国内でも歩道橋コンペが開かれることとなりました。
トツゼンですが世の中には様々な波があります。

普段使っているスマホも電と言う「波」を利用したものです。

また我々の仕事でも「床の周数」などと言うように床がサイン波を描いてたわみます。

あるいは景気の「波」で給料が上がり下がり、波打つこともあるかもしれません(>O<)
今日はそんなおはなし。

imagesDJAE3TIJ.jpg


先日投稿したNine Elmsナインエルムズ地区に歩道橋を架けるコンペ。

エントリー案が発表されています



コチラのオフィシャルサイトにて

上記写真はそのサイトからのキャプチャーですが

まさに百花絢爛(りょうらん)、咲き乱れています(*o*)

一口に歩道橋と言ってもチョー様々なデザインが。


約80案。現況では設計者の名は伏せられているようです。審査の公平さのためでしょう。

数が多いため各案への言及はパスします


この後、4案に絞られ、7月に優勝案が決まる予定です

今日は短めに。


今日はちょっと変わった投稿を。

pp.png

ロンドン、テムズ川に掛かる歩道橋のコンペが発表されました

batases.jpg

今回も書籍を紹介します

今回は「シティコープの危機」後編 斜め45度の分析編です。


シティコープタワーはニューヨーク、マンハッタンのスカイラインを彩る超高層ビルの1つです。  約35年前に完成したこの超高層に起きた、ハラハラドキドキするドラマを紹介。

サスペンス映画も顔負け、「事実は小説より奇なり」を地で行くストーリーです。



今日は9/11。NY WTC事故より13年。犠牲者の方々に黙祷を捧げつつ、別の超高層の危機のお話を。

恐縮ながらハリウッド大作映画なみの長文です(ひと読み20分) (>_<)

そのため2つに分けました。まず今回、前編はストーリーそのものの本編。

後編はそれに対する分析です。 コチラ

また、以降の写真は主に末尾に示すyoutubeより。

前の10件 1  2  3  4  5