コレ、もってる? 
マジックのような歩道橋

| コメント(2) | トラックバック(0)

海外の構造コンサルタントのサイトを見ていたら、

マジックのような不思議な歩道橋があったのでご紹介します。


Strasky Husty and Partners:ストラスキー・ハスティー社はチェコの構造コンサルタント会社で、ベテラン技師のJiri Strasky氏らが創設したものです。
海外の橋梁作品集などでは良く登場する常連です。

同社のサイトにある「study(研究)」のページに以下のような橋の案がありました。
Curved Stressribbon Bridge:カーブしたストレスリボン橋というものです。

半円形(U字型)の路面が、何の支えもなく空中に浮いています。

コレは一体どういうことになっているのでしょうか。。?

そのしくみがスケッチで説明されています。
それによると。。

(クリックで拡大。画像は同社サイトより。右下の解説図のみ管理人作図 )

 

rb.jpg

 

a図) 路面をわずかに傾斜させる(f)

b図) 手すりのトップにケーブルを巻き、引っ張る。ケーブルの張力により半円の中心方向、斜め上方向に力=Nがかかる
Gは路面重心位置に下向き鉛直力が作用しているところ。

ここで、右上の断面図より、Nは斜め上向きなので(床面=ケーブルが斜めに傾いているため)、これは鉛直方向(Nv)と水平方向(NH)に分解される。その結果、


c図) Nvは橋を上方向に吊り上げようとする
d図) 手すりと床がL型を構成しているので、NHの内向き力は手すりをレバーのようにして床面が垂れ下がるのを引き戻す。(解説図)。
Nの延長線が重心Gを通るため、引き戻し力は床がちょうど水平になる分だけ働く


。。。となっています。。。

なお、ケーブルの張力は、床面が半円形になっているので、リング効果で(手すりを経由して)その床面を伝わって支持点:地面まで伝えられます。(床がケーブルの反力体となり、NHに抵抗する。解説図のNH=RH)


一応、スジは通っているようですが、ダイジョウブでしょうか。。?

力は流れるけど、変形(床全体の下がり)がかなり大きくなるような気がします

 

ちょっと不思議なカンジがしますが。。ぜひとも実現作でその懸念を払拭してもらいたいものです。

 

---------------------------- 

 ※ストレスリボン橋:吊りケーブルをリボンのように2点間に垂らし、その上に歩道面を載せて歩道橋としたもの。

ユルグコンツェット設計のコチラの橋が有名。

単にケーブルを垂らしただけでは集中荷重=偏分布荷重(ある一点に人が集中して載った場合)などに対してケーブルが大きく変形するため、それに対処するしくみ(補剛構造)が必要。コンツェットの橋の場合、床面に石版を敷き詰めることで対処している。

垂らしたケーブルに集中荷重をかけているところ    コチラも

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.archstructure.net/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/7

コメント(2)

はじめまして。
ナントモ、不思議な橋梁ですね。
力学的説明は分からなくもないですが、斜張力に対するテンションバーに相当するものが、画像を見る限り無いように感じますが…?
床板による偏心ねじりMの処理方法など一体どう考えておられるのでしょうね??
また、鉛直震度に対しての安全性は?
適判通るのでしょうか?(海外とはいえ、根本的に材料特性や力学は変わらないように思われるので不思議の一言ですね)

コメントする